オイリー肌のあなたにピッタリのオールインワンジェルは?

 

  • 顔が少し油でテカッている
  • 皮脂が毛穴に詰まりやすい
  • 毛穴の黒ずみが目立つ

 

そんな脂性肌(※オイリー肌)のあなたのために、おすすめのオールインワンジェルをご紹介します

 

【3段階の評価 ◎○▲】

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

の5つのよくあるお肌のお悩みから、おすすめのオールインワンジェルをランキング形式でご紹介します。

 

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲル毛穴

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

 

【公式】→https://mediplus-orders.jp

 

 

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

【RaSuRe】ラシュレ

 

RaSuRe ‐ラシュレ‐

 

  • 返金保証:90日間全額返金保証
  • 内容量:40g※約1か月
  • 定期購入:4,480円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

顔のオイリー肌に悩む女性向けに開発された、ラシュレ。

 

おすすめポイントは・・・

 

  1. 無添加&低刺激
  2. 医薬部外品
  3. 無添加

 

と、オイリー肌向けにプラスして、医薬部外品のオールインワンジェルのため、おすすめです。

 

 

デメリットは?

 

量が少ないのに、初回からやや高い(汗)

 

ですが、90日間保証は、他社のオールインワンジェルよりも保証期間が長いです。

 

 

【公式】→http://rasure.jp

 

 

 

 

 

 

美容Q&A〜顔の悩みについて

 

美容の悩みについて

 

 

顔にできるシミの原因とは?!

 

年齢を重ねるとともに気になることも多くなるシミは、とくに顔にできると目立ってしまいますし、一度できてしまうと完全に消すことは難しいため、なかなか厄介な存在です。

 

そんなシミの原因はさまざまで、おもなものとしては紫外線や女性ホルモン、ストレスや加齢、過剰な刺激や食べ物、生活習慣など、
実にいろいろなものが存在しています。

 

これらの中でもとくに原因として有名なのが紫外線で、紫外線が肌に当たることで肌を守るべくメラニン色素が作られて黒く変色しますが、
通常は肌のターンオーバーによって自然に剥がれて元通りに戻ります。

 

このメカニズムの際にメラニン色素が過剰発生したり、肌のターンオーバーが正常にいかないなどのトラブルが発生すると、それが結果としてシミの原因になります。

 

ちなみに紫外線以外では、女性ホルモンの乱れによるものや、
加齢によっても肌のターンオーバーが狂うこともありますし、ストレスは自律神経の乱れにつながり、それがホルモンの乱れ同様の結果を招くケースもあります。

 

また生活習慣の乱れによって内臓トラブルなどが発生すれば、やはりそれが肌にも影響してきます。

 

あとは食べ物ではソラレンを含む食材を多く食べて日光に当たるとシミになりやすく、
過剰な刺激で肌が炎症すれば活性酸素が発生し、メラノサイトがそれに反応するためにメラニンを作ってシミの原因となります。

 

 

 

顔のたるみの原因とは?

 

顔がたるんでしまう原因は複数ありますが、代表的なのは脂肪の増加です。

 

乱れた食生活や加齢による代謝の低下などによって脂肪が付く場合があり、しかも顔は脂肪を落としにくい部分ですのでたるみも目立ちやすくなります。

 

体質によっては顔に脂肪が付きやすく、それによって顔だけ膨張して全体のバランスが崩れてしまうこともあるのです。

 

表情筋の衰えも原因になり得ます。脂肪は筋肉によって引っ張り上げられていますが、その機能が衰えることでたるんできてしまいます。

 

特に日常で表情を作ることが少ない人は要注意と言えるでしょう。

 

例えばずっとパソコンとにらめっこをするような生活ですと、筋肉も弱くなってしまいますので皮膚もたれ下がりやすくなってしまいます。

 

 

乾燥もたるみの原因のひとつです。肌内部にはコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質が存在しますが、

 

これらはピンとしたハリのある肌を維持するための役割を持っています。ところが加齢や生活習慣などが原因でその機能が低下してしまうのです。

 

すると皮膚の弾力がなくなってたれ下がりやすくなります。

 

たるみができてしまう原因はこのように様々です。改善のためには何が原因なのかを突き止め、適切な対策を行うことが求められます。

 

 

オイリー肌の特徴を解説!

 

人の肌には大きく分けて乾燥肌、ノーマル肌、オイリー肌、混合肌の4つの肌質というものがありますが、その中でもわかりやすいのがオイリー肌です。

 

その特徴はテカりやすく、皮脂が過剰に分泌されているという点です。そして、この肌質は一見すると乾燥肌と全く異なるように見えますが、
実は乾燥が進むことによりオイリー肌となっている場合もあります。人の肌には外部刺激から守るために皮脂が存在します。

 

適度な皮脂は肌を保湿しますが、何らかの原因により過剰分泌されるようになると、テカりやすいオイリー肌となってしまうのです。その原因は人によって異なり、ホルモンバランスや乾燥、食生活などの影響があります。

 

まず、思春期はホルモンバランスが整っていないためオイリー肌になりやすいという特徴があります。

 

また、30代後半からもホルモンバランスは乱れやすくなるので、それにより皮脂の分泌が過剰になる場合もあります。

 

そして、間違ったスキンケアなどで肌が乾燥しすぎた場合も肌が外部刺激から守るために皮脂を過剰分泌してしまうこともあります。

 

さらに脂質の多い食事ばかりをしていると皮脂が過剰になり、それが肌質に影響を与える場合もあります。
このように、オイリー肌の特徴は皮脂が過剰に分泌されているという点です。

 

 

毛穴の開きやたるみの原因は?

 

女性が気になる肌トラブルの上位に、毛穴の開きやたるみが挙げられます。特に頬や鼻などの顔にあらわれる毛穴のトラブルは、人目に付きやすいため頭を悩ませている女性が多いようです。

 

毛穴の開きやたるみなどの原因の一つに、加齢があげられます。これは年齢を重ねるにつれて肌の含まれている保湿成分が減少することが理由です。

 

肌に含まれている保湿成分にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。これらは20歳を過ぎた頃から減少をはじめるのので、早めに化粧水や美容液で補っていくことが大切です。特にヒアルロン酸は40歳を過ぎると急激に少なくなる成分なので注意しましょう。

 

毛穴のたるみや開きの原因には皮膚が緩んでしまうことや、筋肉の働きの低下も考えられます。これらの症状があらわれると肌の張りが低下し、皮膚が重力に負けて下に引っ張られてしまいます。その結果、毛穴が下へと伸びたように引っ張られ、開きが目立つようになってきます。

 

肌の張りを改善させるためには、筋肉を鍛えるのがおすすめです。そうすることで重量に負けずに肌を支えることができるので、毛穴を目立たなくさせることができます。

 

これに加えマッサージなどを行い、溜まっている老廃物を解消することで肌を支えやすくなるのでおすすめです。

 

乾燥肌になる原因とは?

 

冬になると肌は乾燥気味になりがちですが、それとは別に乾燥肌になる原因としてずばり、肌ケアを怠りがちであることを挙げられます。

 

もちろん乾燥している時期であれば肌も乾燥しやすいことは当然ですが、それに対して何かしらの対策を取るかどうかは大きく関係しているのです。

 

例えば化粧水や保湿クリームなどを使用しているかどうかです。入浴後のような肌が柔らかく毛穴が開いている時に使用すると保湿成分が浸透しやすいですが、手のように肌が露出しやすい部分にはこまめにクリームを塗ると良いでしょう。

 

しかしこのような肌ケアは乾燥している時期にだけ行っては意味がありません。

 

肌の状態は3か月前に決まる、といわれるほど、事前のケアが大切になり、秋からの乾燥肌に悩むのであれば夏の肌ケアがポイントになるのです。

 

また入浴時に熱いお湯の方が身体が温まるからと、熱めのお湯に入浴すると肌に刺激が強く、その刺激が原因で乾燥肌を招いてしまいます。

 

そのため冬でも38〜40℃程度のぬるいと感じる程度のお風呂にゆっくりと入浴することも肌ケアといえます。

 

男性は何も肌ケアをしまいまま歳をとる人も多く、そのため年齢が高いほど男性の方が乾燥肌になっている傾向にあります。

 

しかし女性は化粧をする機会が多いため、化粧品類や化粧落としの刺激で肌に負担をかける傾向にあります。乾燥肌にならないためにも、日々の肌ケアを怠らないことが大切です。

 

 

化粧品の基礎を学ぶ

 

化粧水の役割とは?なぜ使う

 

洗顔で肌の汚れを落とした後、通常、化粧水をつけますが、どんな役割をするのか、なぜ使う必要があるのか疑問に思っている人も少なくないでしょう。
化粧水をなぜ使う必要があるのかと言うと、洗顔後、肌をそのままにしておくと、肌の水分が失われてしまうからです。

 

皮膚には油分が含まれているので、水は肌の内部には浸透してくれません。

 

化粧水の大半は水なのですが、グリセリンやエタノールなど保湿成分が含まれているので、肌に浸透しやすくなっています。

 

肌に浸透しやすい化粧水を使用すると、肌に水分を補うことができ、肌の調子を整えることができます。

 

化粧水の役割は、肌を柔らかくすることで、その後に使う乳液やクリームを、スムーズに肌にムラなくいきわたらせることができます。

 

肌の油分バランスを整える役割もあり、肌に清涼感を与えるので、肌をみずみずしく整える作用が期待できます。

 

化粧水を使用すると、皮脂の過剰分泌を抑えて肌を引き締め、肌を弱酸性に保つ働きも期待できます。

 

このように化粧水には、肌に対して優れた効能が期待できるわけですが、保湿成分はあまり配合できないので、これだけで保湿することはできません。

 

あくまで、洗顔によって失われた角質の水分を補うのが目的であることを認識しておきましょう。

 

 

乳液の役割とは?なぜ使うの?

 

乳液とは、スキンケア用品の種類のひとつで、含まれている油分によって肌をコーティングすることで、皮膚から水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。

 

入浴後や洗顔後にまず化粧水を使用して水分補給をし、その上から乳液を使うというのが一般的な手順ですが、こうすることで肌の汚れを落とした状態で失われた水分が再度供給され、それが乳液の油分によってキープされるという役割を果たします。

 

この他にも、紫外線のダメージを防ぐ成分が配合されたものもあり、それらを塗っておくことで日焼けから肌を守ることができます。これらは特にUV乳液と呼ばれます。

 

また、乳液自体に色が付いているものもあり、これは化粧下地として利用することが可能です。

 

ファンデーションを塗る前に肌のコンディションを整えたり、明るい色味を付け加えることでメイクの仕上がりをより美しくするという役割を果たします。

 

乳液には、肌のコンディションを守る以外にも様々な用途があり、必要に応じてそれぞれの種類が選ばれています。
なぜ使うのかを明確にしておくことで、それぞれの製品が持つ特性を最大限に活かし、肌の持つ美しさやメイクの完成度の高さを発揮することにもつながっていきます。

 

 

オールインワンジェル化粧品のメリット・デメリット

 

最大のメリットはたったワンステップで基本的なケアが全て行えることです。

 

オールインワンジェル化粧品には、複数の基礎化粧品の役割が詰め込まれていますので、これまでのように複数のお手入れを経る必要がありません。

 

そのためスキンケアに時間を取られることがなく忙しい朝でも簡単に済ませることができるのです。

 

デメリットは保湿力が物足りなく感じられる場合があることです。

 

礎化粧品の全ての役割を備えているとは言え、乾燥が強いと保湿力不足することもあります。特に年齢肌ですと症状も出やすく、十分にカバーができている実感が持てない可能性もあるでしょう。

 

ただその場合でも重ね塗りをすることでカバーできることもあります。気になる部分に多めに付けることで保湿力を高められますから、物足りない場合は使い方を見直してみると良いでしょう。

 

モロモロとした塊ができてしまうことがあるのもデメリットと言えます。

 

これは使用するオールインワンジェル化粧品にもよるのですが、肌に塗っている時に消しゴムのかすのような塊が生まれるケースがあるのです。

 

特に多めに付けた時にはモロモロが出やすく、気になる部分に多めに付けたいにも関わらず沢山付けるとそうした塊が出やすくなるというジレンマが感じられることもあります。